劇団 和魂洋才とは

和魂洋才

という四字熟語は、明治維新のころ異国の文化が入ってきたときに使われていた言葉で、

 

「日本の古き良きもの、和の心を大切にしながら、新しいものを柔軟に取り入れていく」といった意味があります。

 

私たちは、日本の神話、文学、読本を題材にした音楽作品や演劇作品をつくるクリエイティブ団体です。

 

 

日本の古き良き文化と新しい最新の文化との融合を試みており、伝統文化と流行を掛け合わせ、よりキャッチーにして伝えていくことで、

 

 

私たち自身も日本をより好きになり、日本を愛する若い人が増えることを目標に活動しています。